無理なく楽しく有意義に!


カヤの会はみなさんの温かいご理解、ご支援、そしてご協力の上に成り立っています。
私達の活動に賛同頂けたその瞬間から、あなたもカヤの一員です。
救いを求めている犬達がいることを知ってもらう、その一歩でさえも有り難いことなのです。
具体的なご支援も是非お願いいたします。


一時預かりの協力

東京都動物愛護相談センター(以下センターと呼ぶ)から引き受けた犬達を、新しい飼い主の元に迎えて頂くまで、
一般家庭での保護をお願いしています。この一時預かり協力なくして会の存在はありえません。
10人の協力者がいれば10頭の犬の命が救われます。
こういった犬達のリハビリなどに費やされる労力はそれはそれは大変なものです。
愛情込めてお世話して頂いても、次に待っているのは保護犬とのお別れです。
でも新しい飼い主さんの『こんなに良い子をありがとう!』という笑顔を喜びとして、多くの仲間が活動しています。
活動会員みんなで情報交換をしたり、会主催の訓練や勉強会、イベントなどに参加したり、楽しく輪を広げ頑張っています。
1人1人が別々でなく一緒に活動しているのです。
一時預かり中の楽しみや喜び、困ったことや疑問点、そして手をかけ世話した犬を譲渡した後の寂しさまで、
1人ではなくみんなで分かちあうことができるって素晴らしいと思いませんか?
是非カヤの活動に参加して、仲間の一員になってください。


詳細はメールにてお問い合わせ下さい。先住犬がいる場合はペット可住居であることは必須。
他、先住犬の性格や健康状態、去勢・避妊済みかなど総合してご相談させていただきたいと思います。  


犬の搬送協力

センターから引き取った後、動物病院や一時預かり先、新しい飼い主のもとへと犬達の搬送は常時行われており、
搬送のご協力も募集中です。
センターからの引き出しは平日に限られていますので、時間的な制約も多々あります。
高速代等のかかった実費の支給はありますが、ガソリン代は補助という程度のものですから、持ち出し覚悟の手弁当の活動です。
(搬送に必要なクレートやバリケンは貸し出ししています)
でも免許があって車をお持ちで、犬が好き!車の運転も苦じゃないよ!
そんな頼もしい方がいらっしゃったら、ご協力をお願いします!


啓蒙活動協力

難しいことではありません。こんな子達が沢山救いの手を待っている。
ペットショップで命を買ってしまう前に、ちょっと耳をかしてくれませんかと声をかけること。
私達がどんな活動をしているか、お散歩の途中で話して頂くのも、啓蒙活動です。
具体的には不妊手術の必要性、ノーリードの危険性、予防医学の必要性などなど・・・
何も知らない人達は沢山います。私達もその1人だった。先ずは知ること、知ったら広めること。
これがとても大事なことなのではないでしょうか?
HPをお持ちの方でしたらどうぞ、会の、そしてセンターのHPをリンクして下さい。
そして知ること、知ってもらうことから始めましょう!


寄付協力

会の活動会員は全員自主的に、また無償で動いています。
ただ保護犬達の医療費を始め、持ち出しでは到底まかないきれない経費が必要不可欠です。
活動資金、またはフード・トイレシーツ・首輪やリードなどの物品支援は有り難く常時お受けしています。
頂戴したご寄付は公開しています。会計報告のページからご覧下さい。
物品のご寄付については、お知らせページ内の『ありがとう』のコーナーに、可能な限りアップしています。

●フードは未開封のものでお願いします。
●各預かり犬へ直接送付となりますので、写真などでご寄付の内容がわかりやすいと
 スムーズに送付先をご案内することが出来ます。

ご寄付の送金先はこちらです。
↓ 
CAJA(カヤ)成犬譲渡の会
郵便振替:10200-93831881


物品のご寄付に関しては先ずメールでお知らせ下さい。